ITパスポートの試験結果と合格発表

このページでは ITパスポート試験の受験以後のスケジュールに関して紹介しています。

試験終了以後の流れ

受験後の結果発表や合格通知に関しては 基本的に受験した「月」を基準にしてその後の動きが決定します。

下の図で示すように「受験月の翌月中旬」に合格発表が行なわれ、「受験月の翌々月上旬」に合格証書が発送されます(不合格者への通知はありません)。

※上は例として8月に受験した場合の試験以後の流れを図にしたものです。

試験終了直後

ITパスポートではCBT試験の終了後すぐに採点が行なわれ その場で自分の点数を知ることができます。

取得点数は公式サイトの利用者メニューにて確認することもできます。下の写真はその結果レポートをプリントしたもの)。 

この時点で関連リンク:合格基準について)をクリアしていれば“ほぼ”合格 と考えて間違いありません。

ただし、公式的には「合否は(最終的に)経済産業大臣が判定する」ということになっており、この時点の判断をもって履歴書などの公的書類に「ITパスポート試験 合格」とは書くことはできませんのでご注意を。

合格発表=受験日の翌月中旬

正式な合格の発表は 受験翌月の中旬に公式サイトにて行なわれます。

例えば 4月に受験した場合であれば 5月の中旬に発表されます。

公式サイトTOPページの「お知らせ」部分に合格者発表ページへのリンクが貼られます。

この発表に関して IPA(情報処理推進機構)から「合格発表してますよ~」的な連絡はありません。

自分で合格発表のタイミングを覚えておき、確認するようにしましょう。

また、事前・事後に関わらず不合格者への通知はありません。

合格証書=受験日の翌々月上旬

ITパスポートの合格者には経済産業大臣から「情報処理技術者試験合格証書」が交付されます。

ITパスポート試験の合格証書は 合格発表日の翌月上旬(受験日の翌々月上旬)に発送が行なわれます。

上の写真はわたしの合格証明書です。

受験後合格発表までの間に引越しをしたのですが郵便局で転送手続きをしていたので無事に届きました。

中には証書のほかにちゃんと厚紙も入れられており、折れないように保護されています。

簡易書留で届くので本人もしくは家族の誰かに受け取ってもらう必要があります。

独学でも合格できる?

ITパスポート試験は独学でも十分に合格可能な試験です。

ただし 過去の受験データを見る限り 学生さんや新社会人の方の合格率はやや厳し目になっています。

試験の難易度は? ITパスポート試験はどのくらい難しいのか?

2013.11.05

独学で不安な方や、限られた時間の中で効率的な学習を行いたい方には、通信講座もおすすめです。

↓こちらのフォーサイトの「ITパスポート」はリーズナブルな価格で当ブログでも人気の通信講座です。

ITパスポート

サンプル教材も豊富なので、まずは一度資料を請求してみてはいかがでしょうか?

以下の記事も人気です、合わせてお読みください!!

独学でも大丈夫!?

管理人おすすめの勉強法!

おすすめ問題集【2019年版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です