計算系のよく出る(頻出)問題

ITパスポート試験では 計算作業を伴って答えを導き出す問題がいくつかあります。なかでも代表的な問題についてこちらで紹介しています。

このページでは 計算系 でよく出題されている問題について解説しています。そのほかの分野に関しては以下のページをご覧ください。

計算系の頻出問題

損益分岐点を求める問題

ストラテジ分野の計算問題でお馴染みなのが損益分岐点に関する問題になります。計算書の表を読み取って、損益分岐点売上高や固定費・変動費などを求める問題が出題されます。

例題

下の損益計算資料から求められる損益分岐点となる売上高は何百万円か?

  • ア:425
  • イ:450
  • ウ:475
  • エ:500

損益分岐点売上高の算出には公式がありますので公式をしっかり覚えておきましょう。

損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ (1 – (変動費 ÷ 売上高) )

公式自体は暗記すればよいだけですので、ポイントは計算資料から固定費、変動費を読みとることができるかになるかと思います。

正解:ア

基数変換(進数の変換)問題

テクノロジ分野で頻出なのがコチラの問題。

2進数から10進数への変換や、その逆に10進数から2進数に変換したりすることを基数変換といいます。テクノロジ系問題ではお馴染みの問題ですが苦手な人の多い問題でもあります。とにかく数をこなして出題に慣れましょう。

例題

2進数 10101 を5倍にしたものはどれか?

  • ア:1101001
  • イ:1111101
  • ウ:50505
  • エ:20202

我々は通常10進数で計算を行なっていますので、2進数を一旦10進数に変換し、その値を5倍し、再度それを2進数に変換する….というのが手間はかかりますが、皮膚感覚で理解できる方法ではないかと思います。

正解:ア

稼働率を求める問題

システムの「稼働率」を求める問題もよく出題されています。

また、複数の装置が直列あるいは並列で組み合わされた場合のシステム全体の稼働率も頻出問題ですので答えられるようにしておきましょう。

例題

MTBFが700時間で、MTTRが6時間である場合、おおよその稼働率はいくらになるか?

  • ア:0.99 
  • イ:0.42 
  • ウ:1.30 
  • エ:6.94

テクノロジ系分野では稼働率を算出する問題がよく出題されます。

システムの稼働率は平均故障間隔(MTBF)、平均修理時間(MTTR)から求めることができますので 公式を覚えておきましょう。

稼働率 = 平均故障間隔(MTBF) / 平均故障間隔(MTBF) + 平均修理時間(MTTR)

正解:ア

例題

4つの装置A、B、C、Dの稼働率はすべて 0.90 である。これらを組み合わた図のシステム1.2の稼働率の組みあわせで正しいものを選べ。

ただし、並列に接続されている部分はどちらかの装置が稼働していればよく、直列に接続されている部分はすべての装置が稼働していなければならない。

  • ア:システム1 = 0.18、システム2 = 0.18
  • イ:システム1 = 0.18、システム2 = 0.36
  • ウ:システム1 = 0.81、システム2 = 0.99
  • エ:システム1 = 0.99、システム2 = 0.81

複数のシステムが直列や並列で稼動した際の全体の稼働率を問う問題です。直列システム、並列システムの計算式は以下のとおりです。

稼働率(直列システム) = (装置A稼働率) X (装置B稼働率)
稼働率(併設システム) = 1 – (1- 装置C稼働率) X (1 – 装置B稼働率)

正解:ウ

独学でも合格できる?

ITパスポート試験は独学でも十分に合格可能な試験です。

ただし 過去の受験データを見る限り 学生さんや新社会人の方の合格率はやや厳し目になっています。

試験の難易度は? ITパスポート試験はどのくらい難しいのか?

2013.11.05

独学で不安な方や、限られた時間の中で効率的な学習を行いたい方には、通信講座もおすすめです。

↓こちらのフォーサイトの「ITパスポート」はリーズナブルな価格で当ブログでも人気の通信講座です。

ITパスポート

サンプル教材も豊富なので、まずは一度資料を請求してみてはいかがでしょうか?

以下の記事も人気です、合わせてお読みください!!

独学でも大丈夫!?

管理人おすすめの勉強法!

おすすめ問題集【2019年版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です