ITパスポート試験で不合格を繰り返してしまう人の特徴

この記事では、ITパスポート試験を何度受験してもなかなか合格できない人に共通するある傾向について紹介しています。

はじめに

ITパスポートでは "何度受験してもあと一歩のところで合格を逃してしまう・・・"という人がたくさんいます。

もちろん 単に勉強を怠けていただけなら心を入れ替えて学習時間を増やせばよいだけです。

ところが「真面目に勉強をしているのに不合格を繰り返してしまう」という方が 意外にも結構多いのです。

なぜ、繰り返し不合格になってしまうのでしょう?

それは 学習の方法に問題があるからです。

本サイトに寄せられるメールやWEB上での質問を見ていて、不合格を繰り返す人に共通の特徴に気づきました。

  • 問題文と答えをセットで丸暗記しているだけ

不合格者に多い特徴

例えば、次のような問題があったとします。

Q. アナログ回線を使用してネットワークに接続する場合、デジタル信号とアナログ信号を変換する機器をなんと呼ぶか?

  • ア:モデム
  • イ:ルータ
  • ウ:Wi-Fi
  • エ:無線LAN

正解は「ア:モデム」です。

不合格を繰り返してしまう人たちの多くは、上記の設問と答えを何度も何度も反芻して、ただただ記憶することに試験勉強の大半を注ぎます。

受験前日には「アナログ回線を使用して・・・」という枕詞を目にしただけで、即「モデム!」と答えられるくらいになっていたりするでしょう。

しかし、実際の試験で以下のような設問が出題されると、まったく答えることができなくなってしまいます。

Q. モデムの説明として正しいものは次のうちどれ?

  • ア:パソコンからの信号と、ADSL回線などからの信号とを変調復調する装置
  • イ:地上デジタルテレビ放送をアナログ方式に変換して伝送するサービス
  • ウ:2つ以上の異なるネットワークへ相互接続するための通信機器機械
  • エ:無線でデータの送受信を行なう構内通信網のこと

2つとも問われている内容は同じです。

しかし 特定の出題とその答えをセットで丸暗記しただけでは、同じ内容が問われていても 別角度から出題された場合に対応ができなくなってしまうのです。

大切なのは 問題文と答えをセットで丸暗記することではなく、設問の本質・・・上記の例でいえば"モデムとはなにか?"をキチンと理解することです。

3つの効果的な学習法

では、どのように学習すればよいのでしょうか?

丸暗記タイプの方におすすめしたいのが以下の3つの学習方法です。

パラフレーズを意識する

パラフレーズというのは、ある事柄に対する説明を別の言葉で言い換えることです。

例えば モデムという機器の説明を別角度から2~3パターン考えてみます。

もちろん解説書の文章を抽出するのではなく自分の頭で考えることが大事です。

この学習法は経済学者・竹中平蔵さんの『竹中式マトリクス勉強法』で紹介されていた手法ですが、わたし自身が勉強する際にも、このパラフレーズを意識することで理解が深まりました。

created by Rinker
¥1,025 (2019/08/25 06:08:27時点 Amazon調べ-詳細)

他人に説明できるかチェックする

自分で理解ができたと思ったら、今度はそれを他人に向けて説明してみましょう。

例えば、おじいちゃんを相手に「モデムっていうのは ADSL回線が・・・」と説明をはじめても「ADSLってなんじゃ?」という話になりますよね?

それで「ADSLっていうのは アナログの電話回線を利用して・・・」なんて言ってたら、今度は「アナログってなんじゃ?」ということになる。

説明をはじめてみると “モデム”という機器を説明するのに、いくつかの前提知識が必要なことに気づかされると思います。

そして、実は説明している自分自身が その前提知識を理解できていないケースが非常に多いのです。

分かりやすい説明の仕方については、以下の書籍がおすすめです。

問題集と参考書(解説)を併用する

もし参考書/問題集のどちらか片方のみで勉強をしているのであれば 二つを併用しながら学習することをお勧めします。

そもそも参考書(解説書)と問題集とでは、役割が全く異なります。

よっぽど勘が良い方・要領の良い方でない限り、どちらか片方のみで受験勉強をするというのは結構難しい方法です。

「問題集だけで合格できますか?」「参考書だけで受験しても大丈夫ですか?」といった質問をよく頂きますが、要領の良い人や・勘の良い人は そもそもこういう質問をしません。

オーソドックスで地味な方法なのですが、この当たり前の方法をないがしろにして不合格になっている方が非常に多いです。

管理人おすすめの参考書&問題集は以下の記事で紹介しています。

【2019年版】ITパスポートを独学受験する方におすすめの参考書&問題集!

2014.05.21

参考書のタイプにも注意しよう!

おすすめの参考書&問題集!」のページでも解説していますが、参考書にも大別して2つのタイプがあり、実務経験者など試験内容にある程度精通した人を対象にしている「まとめノート型」と、完全初心者向けの「教科書型」があります。

「この参考書でどうやって勉強したらいいかわからないよ~」というかたは、もしかするといきなり「まとめノート型」参考書で学習してしまっているのかもしれません。

ゼロから学べるタイプの「教科書型参考書」の購入も検討してみてください。

独学でも合格できる?

ITパスポート試験は独学でも十分に合格可能な試験です。

ただし 過去の受験データを見る限り 学生さんや新社会人の方の合格率はやや厳し目になっています。

試験の難易度は? ITパスポート試験はどのくらい難しいのか?

2013.11.05

独学で不安な方や、限られた時間の中で効率的な学習を行いたい方には、通信講座もおすすめです。

↓こちらのフォーサイトの「ITパスポート」はリーズナブルな価格で当ブログでも人気の通信講座です。

ITパスポート

サンプル教材も豊富なので、まずは一度資料を請求してみてはいかがでしょうか?

以下の記事も人気です、合わせてお読みください!!

独学でも大丈夫!?

管理人おすすめの勉強法!

おすすめ問題集【2019年版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です