管理人のおすすめ問題集はコチラ!

ITパスポートの合格基準!最低点数と合格/不合格の具体例!

こんにちは 管理人の石川です(プロフィール)。

ITパスポートは、大学受験などと違い「上位○名が合格」といった選抜制の試験ではありません。

あらかじめ決められた合格基準ラインをクリアできれば、全員が合格になります。 極端にいえば100人受験して100人が合格になることもありうるわけです。

この記事では、ITパスポート試験の合格基準について情報をまとめています。

ITパスポートの「合格基準」

IPA(情報処理推進機構)が公表している合格基準は以下のとおりです。

合格基準

総合評価点、分野別得点のすべてが次の基準を満たすこと

総合評価点
  • 600点以上/1,000点(総合評価の満点)
分野別評価点
  • ストラテジ系:300点以上/1,000点(分野別評価の満点)

  • マネジメント系:300点以上/1,000点(分野別評価の満点)

  • テクノロジ系:300点以上/1,000点(分野別評価の満点)

※試験後に合格基準点の調整などは行なわれません

注意点

ただし、全出題数(100問)のうち 実際に採点の対象となるのは「総合評価は92問、分野別評価はストラテジ系32問、マネジメント系18問、テクノロジ系42問」となります。

残りの8問は、今後出題する問題を評価するために使われます(※1)

MEMO

※1:2014年5月7日以前は【総合評価は92問、分野別評価はストラテジ系32問、マネジメント系23問、テクノロジ系37問】という配分でしたが、セキュリティ分野の出題強化の指針を受けて上記割合に変更されました。iパス ITパスポート試験をはじめとする情報処理技術者試験の出題構成の見直しについて(2013.10.29)/WEB魚拓

配点と採点方式

IRT(項目応答理論)に基づいて解答結果から評価点が算出されます。

そのため 実質的に受験者が各問題の配点を知ることはできません。

関連記事ITパスポートの配点と採点法(IRE)に関しては↓以下の記事で詳しく解説しています。

ITパスポート試験の配点と採点方法について

ITパスポートの配点・採点方法(IRE)!1問10点じゃないの!?

「合格/不合格」の具体例

上の説明だけでは分かりづらい部分もあるので、以下で具体的な採点の事例を見てみましょう。

「合格」の例

ITパスポートでは「ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系」の3分野から出題が行われ、この3分野それぞれで300点以上を獲得する必要があります。

そしてさらに、この3分野の得点をもとに算出される総合評価点が600点以上である必要があります。

管理人より
この例では、後述の「不合格」例に比べて各得点は低いものの、分野別評価点・総合評価点ともに基準点を上回っているため合格の扱いになります。
「不合格」の例

ご覧頂いてお分かりのように、各得点は上の合格例よりも高得点になっていますが、ただ テクノロジ系だけ基準点の300点を下回ってしまっています。

これがアウトです。

管理人より
分野別評価点は、3分野それぞれで300点以上を獲得する必要があります。 この例のように、他の得点が高くても1つの分野で基準点を下回ってしまうと、不合格になってしまいます。
試験後の採点結果で合否は判断可能?

ITパスポートでは、試験終了後、即座に採点が行なわれ 自分の取得点数が判明します。

ですから、試験後にモニタ画面に表示された点数を見て、合格基準点をクリアしていれば 合格だと考えてよいわけです。

ただし、公式的に「合格」として認められ、履歴書などに合格と書けるのは、あくまで合格発表以後になるので注意しましょう。

独学でも大丈夫? ※学習時間が取れない方のために

「忙しくて 勉強時間がとれない」「どうやって勉強していいかわからない」という方には、フォーサイトの「ITパスポート講座」がおすすめ! リーズナブルな価格で当ブログでも人気の通信講座です。

\ 時短学習で当ブログいちおし! /

※とりあえず資料だけ取り寄せたい方はこちら(無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です