管理人のおすすめ問題集はコチラ!

ITパスポートの難易度!合格率は社会人と学生の間で大きな差!

ITパスポートの難易度は?

こんにちは 管理人の石川です(プロフィール)。

これからITパスポートの勉強を始める方にとって、気になるのは次のような点だと思います。

  • そもそも「ITパスポート試験」ってどのくらいのレベルの試験なの?
  • 文系だと合格は難しいのかな?

この記事では、ITパスポートの合格率データを基に、試験の難易度に関してまとめています。

「エントリーレベル」だが 油断は禁物!

ITパスポートは 全部で4段階ある情報処理技術者試験の「初級編(エントリーレベル)」という位置づけの試験です。

ですから 難易度自体はそれほど高いわけではなく、国家試験としては易しい部類に入るかと思います。

しかし、合格率は平均すると「50% 前後」になっており、2人にひとりは不合格になっているというのが実情です。

受験者全体の合格率は「50%」前後

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、ITパスポートがスタートして以降、毎月の受験者数や合格率などの統計情報を公開しています
 
この統計情報をもとに 各年度の合格率を表にしたのが↓こちらです(%)。

ITパスポート:合格率の表

近年 上昇傾向にあるとはいえ、全体の合格率は「40%後半~50%前半」で推移しているのが分かります。

学生の合格率は「30%後半」!

ただし、ITパスポートの場合、受験者の属性(社会人・学生)で合格率が大きく異なるので注意が必要です。

下図は「2019年度」のITパスポート年間の受験者数と合格者数を グラフにしたものです(※データは独立行政法人情報処理推進機構(IPA)発表のものを参照)。

グラフ:2019年度の受験者数と合格者数

合格人数ベースで考えると、学生の合格者数が一気に減少していることが分かるかと思います。

属性別の合格率の推移

属性別の合格率の推移をみてみると、この10年間で社会人の合格率が「60%前後」なのに対して、学生の合格率は「30%後半」となっており、およそ20ポイントもの開きがあります。

これは、ITパスポートの試験範囲が「経営戦略、マーケティング、財務、法務」など、学生にとって馴染みのない項目であることが最大の要因。

学生の方は、余裕をもった学習スケジュールを組むようにしましょう。

関連記事管理人がおすすめの勉強方法はこちらの記事で紹介しています。

おすすめの学習法

ITパスポートおすすめの「4ステップ」勉強法!管理人はこれで合格!

まとめ

というわけで ITパスポートの難易度についてまとめてみました。

学生の方や、就職して間もない方などは「簡単な試験だ」などと舐めてかからずに、まずはきちんとした学習計画を立てるようにしてください。

独学でも大丈夫? ※学習時間が取れない方のために

「忙しくて 勉強時間がとれない」「どうやって勉強していいかわからない」という方には、フォーサイトの「ITパスポート講座」がおすすめ! リーズナブルな価格で当ブログでも人気の通信講座です。

\ 時短学習で当ブログいちおし! /

※とりあえず資料だけ取り寄せたい方はこちら(無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です