ITパスポートとは? 受験勉強を始める前に知っておきたい基礎知識

この記事ではITパスポート試験に関する基礎的な知識をまとめています。

※ここで紹介しているのは「試験の位置付け・沿革」といった概観的な内容ですので、具体的な出題方法や内容が知りたい方は「試験の実施概要」のページをご覧ください。

情報技術に関する国家試験

ITパスポート(通称:iパス)とは「IT=情報技術」に関する国家試験です。

情報技術の試験というとパソコンやネットの技術的な知識を問うもののように思われますが、そうではありません。

経営戦略・マーケティング・財務・法務など 経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う内容になっています。

合格者の認定は経済産業大臣の名前において行われますが、実際の運営は「IPA(独立行政法人情報処理推進機構)」という公的組織が行っています。

情報処理技術者試験の初級編

ITパスポートには、英検や簿記検定のように「○級」といった区分はありません。

というのも、ITパスポート自体が全部で4段階あるIT関連の国家試験(=情報処理技術者試験)のうちの「初級編」に相当するからです(下図参照)。

レベル2~4の上位試験が、プログラマやエンジニアなどの技術者を対象にしているのに対して、ITパスポートで求められるのは「"非技術者"が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識」。

これは、ITパスポートの内容が、文系・理系に関係なく 幅広い職業における最低限のITスキルだということを意味しています。

ITパスポートの簡単な沿革

情報技術を問う国家試験としては2008年まで「初級システムアドミニストレータ試験(初級シスアド)」という試験が行われてきました。

しかし国の制度変更により初級シスアドは廃止され、2009年からその内容を引き継ぐ形でITパスポートが新しくスタートすることになりました(wikipedia)。

また、iパス試験開始後3年ほどは、試験実施日は年に2回(春・秋)のみ全国一斉で行われていましたが 2011年からはCBT方式と呼ばれるパソコンを用いた試験方法が導入され、この時から全国の会場で随時実施されるようになりました。

CBT方式とは? ITパスポートの試験方式について

2013.11.05

会場によって実施頻度は異なるものの 現在では概ね「ほぼ毎日」どこかでITパスポート試験が開催されています。

ITパスポートに合格すると?

ITパスポートは国家試験です。

しかし、なんらかの職業において業務遂行のためにこの試験に合格していることが義務づけられていたり(業務独占資格)や、合格すると特定の肩書きを名乗ることができるようになる(名称独占資格)といった種類のものでは ありません。

  • 業務独占・・・資格を取得しないと就けない職業があるようなもの/ 例)弁護士、教師、医師など

  • 名称独占・・・試験に合格しないと名乗れない肩書きがあるもの/ 例)中小企業診断士 など

とはいえ「取得するメリットは?」のページでも紹介しているように、現在、数多くの企業や官公庁・自治体において取得が推奨されており、また新卒採用活動(エントリーシート)にも活用されているのが現状です。

取得するメリットは? ITパスポートが社会で役立つ2つの理由

2013.11.05

国家試験としての社会的認知度・信頼度から、就職・転職時のアピール材料として活用が期待できます。

合格者には、経済産業大臣から「情報処理技術者試験合格証書」が交付されます。

また必要に応じて、別途「独立行政法人 情報処理推進機構」理事長名で、合格証明書を発行してもらうこともできます。

独学でも合格できる?

ITパスポート試験は独学でも十分に合格可能な試験です。

ただし 過去の受験データを見る限り 学生さんや新社会人の方の合格率はやや厳し目になっています。

試験の難易度は? ITパスポート試験はどのくらい難しいのか?

2013.11.05

独学で不安な方や、限られた時間の中で効率的な学習を行いたい方には、通信講座もおすすめです。

↓こちらのフォーサイトの「ITパスポート」はリーズナブルな価格で当ブログでも人気の通信講座です。

ITパスポート

サンプル教材も豊富なので、まずは一度資料を請求してみてはいかがでしょうか?

以下の記事も人気です、合わせてお読みください!!

独学でも大丈夫!?

管理人おすすめの勉強法!

おすすめ問題集【2019年版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です