管理人のおすすめ問題集はコチラ!

ITパスポートの出題傾向と試験対策!分野ごとの出題比率まとめ

ITパスポートの出題傾向と試験対策

こんにちは 管理人の石川です(プロフィール)。

この記事では、ITパスポートの出題傾向と試験対策についてまとめています。

ITパスポートの「出題傾向」

ITパスポートは、4択形式で100個の問題が出題されます。

「ストラテジ・マネジメント・テクノロジ」の3分野から出題され、それぞれ以下のような割合になることが決まっています。

出題内容は毎回異なる!

また ITパスポートでは「CBT方式」による試験が行われており試験問題は各回ランダムに出題されています

あらかじめ数百問の問題が用意されており、実施回ごとにその都度100問が出題されているわけです。

それゆえ受験者全員に合致するような出題傾向の特徴といったものはないのですが、過去問の統計をとっていくと、ある程度出題頻度に傾向があることがわかります。

分野別の「よく出る問題」

IPA(情報処理推進機構)が公開している過去問データを整理して、頻出項目をピックアップしてみました。

分野別の「よく出る問題」は以下のリンクからご確認ください。

過去問の単純な使い回しは減少

「過去問からどのくらい流用(使いまわし)がありますか?」といった質問が非常に多くありますが、CBTの導入以降、近年では過去問の流用はほとんどありません。

独学でも大丈夫? ※学習時間が取れない方のために

「忙しくて 勉強時間がとれない」「どうやって勉強していいかわからない」という方には、フォーサイトの「ITパスポート講座」がおすすめ! リーズナブルな価格で当ブログでも人気の通信講座です。

\ 時短学習で当ブログいちおし! /

※とりあえず資料だけ取り寄せたい方はこちら(無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です