ITパスポート試験の合格率はどれくらい?

ずばり「現在の」ITパスポート試験の合格率はどれくらいだと思いますか?

「簡単な試験だと思ってたら苦戦した・・・」「先輩は楽に合格できるって言ってたのに・・・」 実はITパスポートを受験した方の多くがこのようにぼやいています。そしてそれは合格率にもはっきりと表れているのです。

このページでは、ITパスポートの合格率推移データを紹介しています。

合格率は40~50%で推移

ITパスポートを実施している独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、CBT方式がスタートした2011年11月以降、毎月の受験者数や合格率などの統計情報を公開しています
 
これら統計情報をもとに、2011年11月以降の各月ごとの合格率をグラフ化したものが下の図です(※ちょっと古いデータになりますが イメージはつかめるかと思います)。




図を見てもお分かりのとおり、月ごとに変動はあるものの ITパスポートの合格率はおおむね40~50%程度のラインを推移している のがお分かりいただけるかと思います。

※2008(H20)秋は初級シスアドの合格率(28.6%)です。

"勉強しなくても受かる"は昔の話

ちなみに、かつて前身の初級システムアドミニストレータ試験から切り替わるタイミングで、合格率72.9%(2009年春期)という非常に高い数値が出たため、その当時の印象のまま、いまだに「ITパスポート=むちゃくちゃ簡単」というイメージをもたれている方がけっこう多くいます。

しかし、2013年度の年間平均合格率=47.6%(ページ下部を参照)が表しているように 2人にひとりは不合格になっているのが実情です。

また、下図が示すように、大学・短大・高専系で37.5%、専門学校生で25.7%など、学生の受験者には厳しい結果が出ています(※2012年度年間の勤務先別合格率)。

舐めてかかることなく、しっかりと学習計画をたてましょう。

独学でも合格できる?

ITパスポート試験は独学でも十分に合格可能な試験です。

ただし 過去の受験データを見る限り 学生さんや新社会人の方の合格率はやや厳し目になっています。

試験の難易度は? ITパスポート試験はどのくらい難しいのか?

2013.11.05

独学で不安な方や、限られた時間の中で効率的な学習を行いたい方には、通信講座もおすすめです。

↓こちらのフォーサイトの「ITパスポート」はリーズナブルな価格で当ブログでも人気の通信講座です。

ITパスポート

サンプル教材も豊富なので、まずは一度資料を請求してみてはいかがでしょうか?

以下の記事も人気です、合わせてお読みください!!

独学でも大丈夫!?

管理人おすすめの勉強法!

おすすめ問題集【2019年版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です